納豆屋さんの父

f:id:bluestar3894:20180714124616j:image

キッチンで大豆を洗っていたら

急に父の事を思い出した。

夕方になると よく豆浸けてたな。


私が6歳の時に父が脱サラして

「これからは、健康食品が流行る!」と

作ったこともなければ 作り方も知らなかった

 そして家族みんなが好きじゃなかった

「納豆」というものを作り始める事になった。

数年間 なかなかいい納豆が出来なくて

私の小学生時代は質素な生活とお手伝いと弟の面倒をみる事。

父の納豆への情熱は

いつもメラメラ燃えていた!

父の情熱も美味しい納豆をつくる事に常にむけて

いたから、亡くなった時には

「お父さん自分が好きな事できていい人生だったよね」とみんなで笑顔で言った。

父のおかげで、家族は納豆好きになった(^ ^)

 

メラメラ燃える事が好きな私は、父によく似てる。

私の人生もずっと燃えていく。

そして 時々消火してくれる人が現れて

人生私の思うようにいかない!と苦笑いする日もある。

そういうのも私らしい人生のワンシーン。