メンタル音叉


f:id:bluestar3894:20170730073115j:image

花火は

子供の頃は怖くて泣いて

おとなになったら、感動の涙。

どっちにしても花火で泣く。

夏は、賑やかな季節です✨

今日は音叉のお話💖

ハートをフル充電して音叉セッションを始めます💖

ではでは~💖

 

音叉セッションの中のメンタル音叉セッション。

これは、私たちのもう一人の存在。

もう一人の高次の自分とやりとりをする内容です。

私の役割は、高次の存在の意志を感じとって

ききとり、お伝えしていきます。

私がいつもセッション中に思うことは

高次の存在のリードがすばらしいこと。

本人が一番わかりやすい言葉で、問いかけ

本人自らの気づきを呼び起こす。

自分で気づくことで、今起きていることが

理解できたり、納得できたり

あるいは、一瞬でもっとわかりにくくなったり

、さらにどんよりしたりする。

いずれにしても私たちは先に向かって生きていく。

気持ちが後退していても、先に向かって生きている。

メンタル音叉セッションは、いつも私に

「すべての人は、いつも先に向かって生きている」

と、深く伝えてくれる。

先があるってことは、向かう事が自動にできていて

それを人それぞれどうやって向かっていっているか。同じ人生はひとつもないから、みんな独自な考えや行動で先に向かう。

人それぞれの向かいかたが大切で、向かう先は同じ。

みんな同じところに向かっているんだね。

「みんな別々が大切で、でもひとつである。」

昔きいた、奈良の川口由一さんの言葉。

自分の事は、だれもやってくれないから自分でやるしかなくて、でもいつももう一人の存在がそばにいてくれることを知ると、うれしかったり

勇気ややる気がでたり。

一人だと思っていたけど、もう一人の存在を感じることができた瞬間、私は一人じゃないんだと認識する人生を歩み始める。

私もその一人です🎵

「そろそろ出勤したほうがいいよ。パン生地たちが待ってるよ。」ともう一人の存在が言う。

「はぁーーーい」(;´_ゝ`)

と言うことで、素直に声に従い

「いってきまぁーす」o(^o^)